2012年10月28日日曜日

家の近所に海鳥? この子だれ?

家の近所、MFの池では初見の鳥です。

先ず一羽ははっきり判別出来ます。ユリカモメです。この子は内陸部でも飛来することは分っているのですが、たった一羽で、田んぼの真ん中(今では半市街地化しつつある)で出会うとは思ってもみませんでした。

このユリカモメと一緒に、小さな池をぐるぐる、水面を伺いながら飛んでいる鳥。

この子はいったい誰? ユリカモメより一回り小さいです。
動きが速すぎてうまく撮れません。どこかに止まるのを待ったのですが、どこにも止まらず飛び続けるだけ。
 時々ジャンピングしていました。
この子も一羽だけでした。今日、もう一度確かめに行こうと思いましたが、雨天で行けませんでした。これらの写真でお分かりの方がおられましたら教えて下さい。

励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

2012年10月27日土曜日

オオアカゲラ、カケス、アオゲラ、アトリ、フユイチゴなど

今日、思い切って遠出し、久しぶりの嬉しい鳥たちに出会って来ました。
カメラに収められたのはいつも通りアリバイ写真ですが、深い山の中を走っていての偶然の出会いで、これだけでも撮れて、とっても満足して帰ってきました。

尾根筋の道路脇の松の木に止まっていたオオアカゲラ
民家が2軒だけ残っている村の広場にいたアオゲラ

 その村からの帰り道、道路脇で数羽で群れてお食事中だったアトリ。
完全に景色の中に埋もれていました。
程よく枝に止まってくれる子がいました。

 この鳥たちに出会うずっと前、村に入る山越えの道で、一番始めに出会ったのはカケスでした。もう、きりがない位、何羽ものカケスが、道路の左右を何度も行き交ってくれたのですが、その時は一枚も撮れず。そこでは、カケスだけでなくコガラやヤマガラもいたのに撮れませんでした。

 でも、帰路、村の外れ近くにきたときに、目の前に出てきたカケスが大サービスしてくれました。止めた車の道路向かいの電柱横に止まってくれました。


ここは、去年の台風で大きな被害の出た村です。
村への道は完全に回復していましたが、行く道々、復旧工事はあちこちで続いていました。一番奥にある山頂の温泉宿は閉鎖されていたり、行き止まりにある集落では暮らしておられるお家が2軒だけだったり、生活への影響は回復しきれないものがあるのを感じました。

テレビで何度も報道された、山頂から深層崩壊した見覚えのある斜面が見えました。痛々しかったです。
 通行は確保されてはいるものの、大掛かりな工事がまだあちこちで。

今、今年の台風の季節は終わり(たぶん)、山々は紅葉に彩られ初めていました。

アキチョウジも可愛く咲いていました。

フユイチゴの赤い実も見つけました。

励ましのポチッをお願いします。
  にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

2012年10月26日金曜日

月下美人2回目、ヘブンリーブルーは今

テレビを見ていると、背中の方からほのかに香りが漂ってきました。今季2回目の月下美人がやっと咲きました。
実は、後一息まで膨らんできているのに、ず〜っと現状維持のままで、花が開く気配がなかったのです。

で、今まで家の中に入れてはいたのですが、陽が当たりすぎないところ(葉が焼けてしまうので)に置いていた植木鉢を、一番日当りがよくて暖かい縁側に、昨日移動させたのです。効果てきめんでした。


この時期我が家の定番の花もついでに・・・これは10月12日の様子ですが・・・

これは10月25日、昨日の様子です。
ヘブンリーブルーは、やはり青空をバックに撮らないと・・・
寒くなると、前日咲いた花が翌日までほんのり残るようになり、ブルーとピンクの2色の花が咲いているみたいになります。(暑い頃には、咲いた花は朝までに完全にしぼんでしまうのですが)

励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

2012年10月25日木曜日

お寺を巡る歩きーコスモスの般若寺、法然上人念仏石、身代わり申

10月24日、7時50分JR上狛駅を出発し、京都府木津川市から奈良県奈良市へと歩いてきました。
一番始めに寄ったは泉橋寺では、大きなお地蔵さんに迎えられました。

そこから木津川を渡って大智寺へ。
重文の獅子の上に座した文殊菩薩と脇像の十一面観音を拝観して、お参りさせて頂きました。
山門の屋根に乗せられた瓦と像も興味深かったのですが、容量節約で省略です。

その後、和泉式部のお墓にもお参りしましたが、和泉式部のお墓は全国にたくさんあり、ここもたくさんあるうちの一つですとのこと。

次に寄ったのは安福寺。平重衡の供養塔といわれる十三重石塔があり、ホトトギスの花が綺麗に咲いていました。

この後岡田国神社を訪ね、早めのお弁当を食べ、奈良へ向かう峠へと歩きました。
通り過ぎてしまってから、気付き、後戻りして確かめたのが「念仏石」
 市坂の峠で、法然上人が「南無阿弥陀仏」と書いた紙と、大きな石とを天秤にかけると、石が持ち上がっていったという言い伝えのある石です。1×2mはありそうな巨石です。

奈良市に入って寄ったのは、奈良豆比古神社
重要無形文化財の翁舞が奉納される神社。立派な絵馬が上がっていました。
 この神社で有名なのは境内の 奥にある、樹齢1000年といわれる楠の巨木。
幹周り7.5m、高さ30m、奈良県の天然記念物に指定されています。

この後寄ったのが、コスモスの般若寺。天平時代に建てられ、鎌倉時代に再建された寺で、日本文学にはよく登場してくる。
鎌倉時代に建てられた楼門は国宝です。

この後、転害門を経て、東大寺へ。修学旅行の団体に圧倒され、外からお参りし、入らずにスルーして、戒壇院へ。堂内には四天王が安置されていました。天平時代に造られた塑像(=粘土造り)というのに驚かされました。(撮影禁止なので写真はありません)

で、その後行ったのが、興福寺の南円堂。更にそこから元興寺。蘇我馬子が高市郡の飛鳥に初めて仏寺建立した飛鳥寺を、この地に移したお寺です。710年に都を奈良に移すときに移され、その時の瓦が一部残されて、現在でも屋根に使われいます。

元興寺には宿坊跡のお寺と、塔跡のお寺との二つのお寺が残っていました。二つのお寺を取り囲んで造られいる「奈良町」も、とっても魅力的な町でした。
中でも一番目についたのが「身代わり申」。
庚申さんお使いの申(さる)を型どったお守りで、この辺りのお家はたいてい、災いが家の中に入ってこないようにと、軒先に吊るしてありました。

奈良県に住んでいても、奈良市内のことは知らないことばかりです。初めてのことがほとんどで、14kmの道のりを、楽しく歩かせて頂きました。
書いておきたいことはいっぱいありますが、うまくまとめられず、荒筋だけになってしまいました。

励ましのぽちっをお願いします。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

2012年10月23日火曜日

季節外れ? ナンバンギセル、月下美人、コシアカツバメ、でも初柿

先ず、ナンバンギセルですが、今年も例年通り顔を出してくれたのですが、初めに出てきた蕾は全て枯らしてしまいました。
今咲いているのは2回目に伸びてきて蕾みたちです。
ピンクの花が見えてきたのは10月の初旬。この花は10月13日のものです。
で、かなり咲きそろってきたこの写真は10月19日です。
今まで、こんなに冷え込むまで咲いているのは初めてです。

次は月下美人。一回目が咲いたのが今年はずいぶん遅く、9月4日と6日でした。
2回目の蕾が三つ膨らみ始めてくれましたが、一つ落ち、二つ落ち、残った一つが後一息というところまで来ました。(10月23日)

すっかり寒くなってきて、コシアカツバメ、もう南の国に帰っていったのではと思っていたのですが、先日の北但の釣り場で、頭上で飛び交うツバメの大群を見ました。
動きが速いし、空バックで、どちらのツバメか判断しかねたのですが、なんとか電線に止まってくれたところを撮ってみました。(見にくい画像で申し訳ありませんが)
コシアカツバメだということがはっきりしました。

 よく見ると、右の子は赤い顔のツバメでした。
上の5羽並んでいる子の中で、真ん中の子はツバメです。
先日の、奈良県での野鳥観察会でも、コシアカツバメを見たという話が出ていました。
例年ならもうとっくに来ているはずのニューナイスズメがまだ来ていません。
暑すぎた夏からの季節の切り替えの速さに驚かされます。鳥も花も、「ついさっきまで夏だったのに」と思っていることでしょう。
(今年の夏の半端でない暑さのため、ニオイザクラの鉢の大半が枯れてしまいました。)

季節と言えば、今日、初の柿を収穫しました。
植えて3年目。今年やっと、それなりの数の柿がなりました。とっても美味しかったのですが、順番にという様子ではなく、一気に熟していきそうなのが残念です。

励ましのポチッをお願いします。
  にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村