2017年10月20日金曜日

落花生の収穫

兄から苗をもらって、5月に、今年初めて植えた落花生。
今日、夫が収穫しました。

収穫したてを塩ゆでにして食べるのが一番美味しいと教えてもらい、早速塩ゆでして食べて見ました。とっても美味しかったです。 

花が咲き始めたのは7月中旬でした。
花がしぼみ始めると、花の根元から茎が伸びて来て、地面に入り込んでいきました。 

9月の初めの様子。 
この後も、どんどん、どんどん、葉は生い茂っていき、最近になって葉が黄ばみ始めて来ました。葉が黄色くなるのが収穫の目安だということでした。

お隣さんに分けたり、塩ゆで1kgほどした後は、天日に干して乾かし、食べたいときに炒りながら食べていきます。


励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年10月19日木曜日

ツルアリドオシの痕、ムラサキシキブ、イソヒヨドリ、コジュケイなど

先日の、ツルアリドオシの実を撮り直して来ました。
鳥や虫にかじられた痕ではありません。
ペアで花が咲いた後、子房が合着して実は一個つきます。そして、実には、二つの花の萼の痕が付いています。

 前回は載せなかった、ヨメナ。

前回のブログで「シロヨメナでは?」と教えていただいたので、そのつもりで、チェックポイントがわかるように、もう一度撮って来ました。ヤマシロギクというのが別名だということも分かりました。
ノコンギクやいなかギクと違って、葉が茎を抱かず、無毛で光沢があるとのことです。
ただ、シラヤマギクというのもあり、やはり、頭の中の混乱は無くなりません。

ヤマドリにも、久しぶりに出会いましたが、チラ見で終わりました。


昨日は、いつもの林道から離れて、別のダム湖ものぞいて来ました。
やはり、鴨の気配はなく、撮れたのはイソヒヨドリだけでした。このダム湖は、30年以上前に鳥見を始めた頃、イソヒヨドリに一番初めに出会った場所です。
尾羽の腰のブルーが綺麗でした。若鳥でしょうか。

ムラサキシキブの実が綺麗でした。

ダム湖から離れて、少しぐるっと回って帰宅の途中、薄暗い林道で、目の前にコジュケイが出て来ました。とりあえず、フロントガラス越しに一枚撮り、窓からカメラを向けようとしたところで対向車があり、2枚目は撮れませんでした。もう一羽も出て来て目の前を横切り、草むらに入って行きました。


励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年10月16日月曜日

近所チェック。ヒバリの砂浴び

孫に癒される日々も終わり、ちょっと近所の鳥の様子でも見てこようかという気分に。

期待した近所の池には、コガモが10羽ほどいただけでした。
川筋でも見かけたのは、コガモとダイサギ、カルガモだけでした。
途中2箇所でコシアカツバメが飛び交っていましたが、カメラを向けると遠ざかってしまいます。
田んぼの中の農道で車を進めていたとき、ヒバリが砂浴びをしていました。近づいていっても逃げていかない様子。車を進めて追い払ってしまうのは勿体無いので、逃げられても駄目元とさらに近づき、カメラを向けて見ました。
 頭をブルブルッ・・・

 気づいて少し先に場所を変えましたが、飛び立っていく様子はありません。
 くぼみになったところにしゃがみ込み、お尻ブルブルッブルブルッ。

少しづつ少しづつ近づいていったので、とうとう遠ざかっていってしまいました。

近所で撮ったモズもついでに。



励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年10月15日日曜日

曽爾村に獅子舞を見に

「全国障害者芸術・文化祭なら大会」の取り組みの一つとして、曽爾村で行われたお神楽のイベントです。数日前から行く予定をしていたのですが、朝からあいにくの雨。電話で尋ねると、屋内で行われるといので、車を走らせました。最後の2組だけ間に合いました。 

名張市の南町神事講獅子神楽保存会の神楽と荒獅子
 
 

曽爾村の伊賀見奉舞会の「接ぎ獅子」 
 
 



励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年10月13日金曜日

コウヤボウキとアサギマダラ、アカタテハ。キリが作った蜘蛛の巣の造形、ガマズミ。

続きです。

この林道は、アサギマダラの集合ポイントになっているようでした。
アサギマダラといえばヒヨドリバナですが、集まっていたのはコウヤボウキでした。

このポイントだけで6頭見かけました。この林道でここ以外2箇所で飛んでいました。 

アカタテハもアサギマダラの中に入り込んで一緒にお食事してました。 

赤い実をつけている木はもう少なくなって来たので、ガマズミ の赤い実が印象的でした。

キク科の白い花は沢山咲いていましたが、私には判別できません。 

林道に霧が立ち込めて来ました。露を乗せた蜘蛛の巣が楽しい造形を見せていました。

鳥友が足元に落ちていた羽を拾い「これは何の羽?」と。私は言われなければ気づかないところでした。わずかに緑がかっています。アオバトの羽です。林では、アオバトの鳴き声が何度も響いていました。 





励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ