2012年1月13日金曜日

コウノトリの郷の鳥たち(363さん、カワアイサ、ハイタカ、ノスリ、タヒバリ)

久しぶりにコウノトリ363さんに会いました。小坂田んぼには363さんと決め込んでいるので、姿を見かけないとがっかりだったのですが、今回会えて、とっても嬉しかったです。
(写真の上でクリックすると拡大します。upに耐えない写真ではありますが)

胸元のフリルが豪華で、とっても温かそうでした。

 目の前の田んぼにいてくれたのですが、しばらくすると飛立っていってしまいました。


363さんが行ってしまったので車を進めると、今度は028さん。昨年4月城崎の戸島生まれの子です。
ずぶぬれの様子で、白いはねはベージュ色になっていました。幼鳥は、濡れると体温が奪われ、弱っていくと聞いているのでちょっと心配。



川の中には、いつも通りカワアイサがいましたが、9羽も一度に出てきてくれたのは初めてでした。

ペットボトルが流れてきたので一緒に撮ってみました。カワアイサってこんなに小さかったのだと改めて思いました。


今回他に出あったのはノスリ。電柱に止まっていた子が2羽。私が車を止めると飛立って行ったので、目で追っていくと、薮の奥へ入って行きました。
他を回って帰ってきて、その薮の奥を覗いてみると、雑木林の中に2羽が止まっていました。かなりぼんやりの写真しか撮れませんでしたが。



 これは、翌日、コウノトリ荘に出かけようと走っていると、目の前を横切って道路横の田んぼの中に入り込んだ鳥がいました。2枚だけ撮らしてくれて、すぐ、飛立って行ってしまいましたが、頭の様子や大きさからしてハイタカということにしました。


 その後出会ったのが20数羽の小鳥の群れ。群れ飛んでいて入り込んだ田んぼへ、寄って行ってみました。
これもとっても不鮮明なのですが、タヒバリというところに落ち着きました。今季お初です。
顔の模様がハートマークに見えるのですが・・・

今回の帰省では、これだけしか出会えなかったというのが正しいでしょうか。他にはスズメとカラスと。

例年のお馴染みさんの、ツグミやカシラダカやニューナイスズメには会うことが出来ませんでした。 にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. いつも居る子に会えないと、どうしたのかな?と心配になりますが、363さんに会えて良かったですね。
    胸元がふわふわで元気そうですね。比べて028さんはふわふわ感がなくて寒そうですね。冬を乗り越えられると良いですね・・・
    雪景色の中の鳥たちも良いですね。ハイタカは撮ることができて良かったですね。
    私も先日同じような状態で会ったのですが撮れませんでした(^^ゞ

    返信削除
    返信
    1. ゆきりんさんへ
      028さんは、この次の日も、雪降る中で出会いましたが、このときより一層びしょ濡れ感が強く、とっても可哀想でした。
      雪が降った後の晴れ間の景色だともっと素敵になるのでしょうが、雪降る中では夕方のような気配で、どの写真も大ぼけです。
      出会えたことのアリバイ写真だけでも良しとする私です。

      削除